ゲームバックリンカー│PS3、Wii U、iPhone、Android、PS4、3DSのゲーム攻略情報

第3次スパロボ大戦Z 時獄篇のユニットデータ攻略

ゲーム攻略・プレイステーション3・PS Vita

 

第3次スーパーロボット大戦 Z時獄篇のユニットデータ

これら第3次スパロボ大戦Zのユニットのデータは、未改造状態のものである。

 

ユニット名

トライダーG7

シャトル

鉄人28号

登場

第4話

第4話

第1話

HP

7600

5200

6300

EN

210

150

220

地形適応

空:A

空:A

空:A

陸:A

陸:B

陸:A

海:B

海:C

海:A

宇:A

宇:A

宇:A

移動

6

7

7

タイプ

空陸

空陸

空陸水

装甲値

1850

1700

1850

運動性

90

80

100

照準値

145

140

145

特殊

なし

補給装置

Vコンシステム、修理装置

特記

第3次スパロボZ時獄篇のトライダーG7は装甲値が高く武器が豊富。強力な「トライダー・バード・アタック」のため、照準値やENを改造したい。アシスト武器が射程2なのでサブにする場合は注意。 第3次スパロボZ時獄篇のシャトルは補給装置が便利なほか、装甲値が高めで、敵の攻撃を受けても撃墜されにくいのがポイント。攻撃に参加する場合はアシスト武器の射程が3と短いことを覚えておきたい。 第3次スパロボZ時獄篇の鉄人28号は戦闘力が高いうえに修理もできるのが魅力。地形適応の海「A」が便利。ゲーム開始時には、正太郎が「必中」を使えないため、照準値を改造すると,さらに頼ねる存在になる。

ユニット名

ブラックオックス

VF-25F メサイアF・TP

VF-25F メサイアB・TP

登場

第2話

第2話

第2話

HP

6500

4700

4700

EN

180

150

150

地形適応

空:A

空:S

空:B

陸:A

陸:B

陸:A

海:A

海:B

海:B

宇:A

宇:A

宇:A

移動

7

9

7

タイプ

空陸水

空陸

空陸

装甲値

1900

1000

1350

運動性

95

125

110

照準値

135

145

145

特殊

なし

盾、変形

盾、変形、ピンポイントバリア

特記

第3次スパロボZ時獄篇のブラックオックスは特殊能力は持たないが、マジンガーZに次ぐ高い装甲値を誇る。海:Aも有効である。武器の電磁光線が、運動性を30下げる効果を持つ。 第3次スパロボZ時獄篇のVF-25F メサイアF・TPは機体だけでなく空:Sの武器も持つため、空中戦で頼りになる。逆に陸:Bのため、地上戦は苦手。アルトの「ダッシュ」の効果で移動力は実質9になる。 第3次スパロボZ時獄篇のVF-25F メサイアB・TPは変形すると陸:Aになるが、その代わりに空:Bになる。また運動性は低下するが装甲値は上がり、「ピンポイントバリア」の性能も生かせるようになる。

ユニット名

VF-25G メサイアF・TP

VF-25G メサイアB・TP

RVF-25F メサイアF

登場

第2話

第2話

第2話

HP

4700

4700

4300

EN

150

150

140

地形適応

空:S

空:B

空:A

陸:B

陸:A

陸:B

海:B

海:B

海:B

宇:A

宇:A

宇:A

移動

8

6

8

タイプ

空陸

空陸

空陸

装甲値

1000

1350

950

運動性

125

110

120

照準値

150

150

150

特殊

盾、変形

盾、変形、ピンポイントバリア

ジャミング機能、盾、変形、修理装置

特記

第3次スパロボZ時獄篇のVF-25G メサイアF・TPはアルト機と同様に空:Sが便利。ただし空:Sの武器がないことに注意。ミシェルが「集中」を使えない段階では、前線での被弾にも注意したい。 第3次スパロボZ時獄篇のVF-25G メサイアB・TPは射程2〜8の「スナイパーライフル(精密射撃)」をはじめ、長射程の武器が揃っている。ミシェルの「援護射撃」との相性もよい。アルト機と同様に、空:Bに注意。 第3次スパロボZ時獄篇のRVF-25F メサイアFはアルト機などと異なり、空:Aで、運動性能などもやや低い。しかし、「ジャミング機能」と「修理装置」を持つほか、アシスト武器の「ゴースト」が威力も射程も優秀である。

ユニット名

RVF-25F メサイアB

VF-25S メサイアF・TP

VF-25S メサイアB・TP

登場

第2話

第3話

第3話

HP

4300

4700

4700

EN

140

150

150

地形適応

空:B

空:S

空:B

陸:A

陸:B

陸:A

海:B

海:B

海:B

宇:A

宇:A

宇:A

移動

6

8

6

タイプ

空陸

空陸

空陸

装甲値

1300

1000

1350

運動性

105

125

110

照準値

150

145

145

特殊

ピンポイントバリア、ジャミング機能、盾、変形、修理装置

盾、変形、ピンポイントバリア

ピンポイントバリア、盾、変形

特記

第3次スパロボZ時獄篇のRVF-25F メサイアBは変形するとアシスト武器が「ガンポッド」になる。「ゴースト」は「バリア貫通」といった特殊効果はそのままに、ALL武器になる。サブではなくメイン時に活用できる。 第3次スパロボZ時獄篇のVF-25S メサイアF・TPは基本的な能力はアルト機と同じで、空:Sが特徴。ただし、空:Sの武器「アサルトマニューバ」は陸:Bである。使うときには敵の地形に気をつけたい。 第3次スパロボZ時獄篇のVF-25S メサイアB・TPはこの形態も能力はアルト機と同じである。地上の敵との戦いに向いているだけでなく、最大射程も伸びている。また、ALL武器を持つのも、この形態だけの特徴。

ユニット名

クァドラン・レア

VB-6ケーニッヒモンスターS

マクロス・クォーター要塞艦型

登場

第2話

第3話

第2話

HP

4700

6200

12400

EN

140

160

200

地形適応

空:A

空:A

空:A

陸:A

陸:C

陸:B

海:B

海:C

海:B

宇:A

宇:A

宇:A

移動

7

7

6

タイプ

空陸

空陸

空専用

装甲値

1550

1700

1400

運動性

120

105

75

照準値

145

140

140

特殊

なし

補給装置

ピンポイントバリア、変形

特記

第3次スパロボZ時獄篇のクァドラン・レアは特殊能力は持たないが、大きな弱点もないため戦いやすい。クランが「闘争心」を持つため、使用に気力が必要なものも含めて、すべての武器を出撃直後に使用できる。 第3次スパロボZ時獄篇のVB-6ケーニッヒモンスターSは「補給装置」を持つサポート機だが、最大射程8のALL武器「一斉射撃」をはじめ、戦闘能力も高い。ただ、運動性がやや低めなことと、陸:Cに注意。 第3次スパロボZ時獄篇のマクロス・クォーター要塞艦型は第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇のゲーム序盤の戦艦。変形すると移動力が減少するため、普段はこの形態で運用したい。「ピンポイントバリア」を持っているが、ヒビキ機より装甲値が低い。

ユニット名

マクロス・クォーター強攻型

マジンガーZ

ビューナスA

登場

第2話

第4話

第4話

HP

12400

6500

5400

EN

200

220

180

地形適応

空:B

空:A

空:A

陸:A

陸:A

陸:A

海:A

海:B

海:B

宇:A

宇:A

宇:A

移動

4

7

6

タイプ

空陸

空陸水

空陸

装甲値

1400

2000

1700

運動性

50

85

75

照準値

140

145

140

特殊

ピンポイントバリア、変形

EN回復(小)

修理装置

特記

第3次スパロボZ時獄篇のマクロス・クォーター強攻型は変形すると移動後に使用可能な武器が追加されるだけでなく、「マクロスキャノン」の威力と射程も向上する。陸のほうが得意なので、戦うときには地上に降りた方がよい。 第3次スパロボZ時獄篇のマジンガーZは高い装甲り値が特徴で、ALL武器「光子力ビーム」も強力である。さらに、強敵との戦いでは装甲値を下げる特殊効果を持つ「ルストハリケーン」も便利。 第3次スパロボZ時獄篇のビューナスAは修理装置を持つほか、さやかの「底力」のおかげで意外に撃破されにくい。また、さやかの能力の関係で威力は低くなるものの、武器の攻撃力なども比較的優秀。

ユニット名

ボスボロット

M9ガーンズバック

M9ガーンズバック

登場

第4話

第1話

第1話

HP

5600

4100

4100

EN

120

150

150

地形適応

空:D

空:B

空:B

陸:A

陸:A

陸:A

海:C

海:B

海:B

宇:B

宇:B

宇:B

移動

6

6

6

タイプ

装甲値

1600

1300

1300

運動性

65

115

115

照準値

140

145

150

特殊

補給装置

ジャミング機能、ECS、剣

ECS、剣

特記

第3次スパロボZ時獄篇のボスボロットは3人乗りであり、「補給装置」を持っているのが特徴。空:Dをはじめ、武器も含めて地形適応が大きな弱点であるので、メインで戦う場合には強化パーツで補っておきたい。 第3次スパロボZ時獄篇のM9ガーンズバックでマオが搭乗するものは、同名の期待と比較すると、射程2〜6のALL武器「ミサイルランチャー」を使用でき、「ECS」以外にも「ジャミング機能」を併せ持つ。 第3次スパロボZ時獄篇のM9ガーンズバックは、攻撃力が高いうえに最大射程も9と長い「AS用対物狙撃銃」が特徴。戦闘ごとに最初の1回だけ「ECS」の「突撃」の効果で移動後に使用できるものポイント。

ユニット名

M9ガーンズバック

ジェニオン

登場

第1話

第1話

HP

4100

5500

EN

150

200

地形適応

空:B

空:A

陸:A

陸:A

海:B

海:A

宇:B

宇:A

移動

6

7

タイプ

空陸

装甲値

1300

1700

運動性

115

120

照準値

150

145

特殊

ECS、剣

D・フォルト

特記

第3次スパロボZ時獄篇のM9ガーンズバックで宗助が搭乗するものは、装甲値は高いものの武器が少なくなっている。機体だけでなく、最も攻撃力が高い武器「単分子カッター」も空:Bのため、空中にいる敵との戦闘時には注意したい。 第3次スパロボZ時獄篇のジュニオンは、すべての能力が高水準でまとまっており、近距離から遠距離まで対応可能な武器も揃っている万能型。「D・フォルト」で1200以下の全属性ダメージを無効化できるのも便利。


3DSのゲーム攻略情報 PS3のゲーム攻略情報 Wii Uのゲーム攻略情報 PSVitaのゲーム攻略情報 PS4のゲーム攻略情報