ゲームバックリンカー│PS3、Wii U、iPhone、Android、PS4、3DSのゲーム攻略情報

ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスターのシステム攻略

ゲーム攻略・PS3&PSVita

ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスターのシステム攻略情報

ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスターは、自由にサブストーリーを選びながら、物語を進めていくという独特のスタイルを採用している。
そのFFX/X-2 HDリマスターの物語のすべてを堪能するためには、ゲームの根幹をなすストーリーシステムについて理解を深めておかなくてはならない。

 

全方位でストーリーが展開するFFX/X-2 HDリマスター
FFX/X-2 HDリマスターでは、15ヵ所のロケーションから行き先を自由に選択し、ミッションをクリアしつつ、ストーリーを進めていくというのがストーリーシステムの基本である。
いくつものサブストーリーが絡み合いながらメインストーリーを織りなしていくため、それぞれのロケーションを選ぶ順序やA-Linkのクリアの仕方によって、ストーリー展開に変化が起こることもあり得る。「No Missions」のロケーションである場合も含めて、行くことができる場所はすべてを巡っていくことによって、「秘められた物語」、「隠されたストーリー」の全貌を知ることができる。

 

★物語の縦軸と横軸
ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスターでは各ロケーションごとに、ゲームスタートからエンディングまで一貫して流れる物語を「エピソード」と呼んでいる。15ヵ所のロケーションが持つ独自のエピソードが、物語の縦軸となり、そしてエピソード同士をつなぐA-Linkが物語の横軸となっている。A‐Linkでつながれたエピソードは、1ランク高いストーリーの流れを生み出し、ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスターのメインストーリーを形成していく。
基本的にはA‐Linkの流れに沿って、進行していくことによって、エンディングにたどり着くことができる。

 

A‐Linkはあくまで指標にすぎない
A‐Link以外のロケーションにも、ミッションは存在する。これらミッションをクリアしていくことによって、ストーリー展開が変化する場合もある。
また、A‐Link以外のミッションやイベントでも、リザルトプレートやアクセサリなど、ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスターのゲームを進行させるうえで重宝するものを手に入れることができることがある。A‐Linkは、単に物語を進めるための道しるべととらえておく程度にして、ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスターの自由度の高さを活かして、あちこちのロケーションヘの寄り道を楽しみたい。

 

イベントとミッション
スピラの各地で起きるさまざまな出来事のことを総称して「イベント」と呼ぶ。ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスターのイベントには、ストーリー展開に関連する大きな出来事から、サイドストーリーとしても些末な、ちょっとした出来事まで、いくつかの種類に分けることができる。

 

まず、ひとつ目は「ミッション」で、具体的にクリア条件が決まっており、「Mission start!」の表示とともに始まって、クリア条件を満たすと「Mission Complete!」の表示に変化する。ストーリーを進めていくうえで必須なものは、ほとんどがこの「ミッション」タイプのイベントである。
ミッションの中でも、ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスターのストーリー展開に大きな影響を与える重要度の高いものが「A‐Link」である。

 

ふたつ目は、強制型のイベントである。イベントの内容としては地味なものが多いが、ミッション表示もなく、イベントというほど大がかりなものではないものの、クリアしないとストーリーが進行しないという場合が多い。オープニングイベントで「飛空艇内の全員に話しかける」や、ストーリーレベル2の「亜人種の楽団をエレベーターに運ぶ」などがこの強制型のイベントのタイプに該当する。

 

これ以外に、ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスターのゲームの進行には影響を与えないタイプのイベントもある。たとえミニゲームであってもこのタイプのイベントといえるだろう。

 

バトル難易度
ロケーションを選択したときに、画面のに表示される★の数が、そのロケーションに出現する敵の強さを表わしている。評価は相対的なものなので、パーティのレベルが上がれば、同じロケーションであっても★の数は減っていく。

 

★ミッション中断
スタートしたミッションの難易度が高く、遂行が困難な場合、ミッションを中断することができる。
中断したミッションを再開する場合には中断したところからはじめられる場合と、最初からやり直しになる場合がある。どちらになるかはミッションの性質にもよる。
ただし、どちらにしても、ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスターストーリーに大きな影響はない。キャラクターのレベルが低すぎたり、より有利なドレスの入手後に再挑戦したいなど、現在、進行中のミッションが難しいなと感じたら、無理をすることなく、別のミッションの達成目指して移行すればよい。
しよう。

ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスターのATB

ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスターのATB攻略

 

ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスターのバトルシーンに導入されているシステムは、リアルタイムで展開するATBである。
このFFX/X-2 HDリマスターのATBは、その文字のとおりに時間の流れの中でのバトルが進行していくため、あまり長い時間次の行動をどうするのか考えているとつぎつぎに敵の攻撃を受けてしまうことになる。したがってATBのシステム下のバトルでは瞬間的な判断力と、先を見越した戦略が必要になっている。
このファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスターのATBシステムにドレスアップや独特のアビリティが加わるバトルは、最初は少し戸惑うこともあるかもしれない。しかし、慣れてくると、そのタクティカルなおもしろさが伝わってくる。

 

待機時間と準備時間

ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスターのATBでは、なんらかの行動をするために、待機時間と準備時間が必要になる。緑色のATBゲージがいっぱいになるまでが待機時間と呼ばれ、待機中は行動することができない。待機時間の長さを示すATBゲージの長さは、すばやさや技によって変化する。
待機ゲージがたまったならば行動を選択する。攻撃するか、魔法を使うか、アイテムを使用するかなどから選ぶわけだが、選択し終わってから実際にその行動をするために、準備時間が設定されている。
威力が高い攻撃を仕掛けるためには、それなりの準備時間を要してしまうことを意識しておきたい。

 

チェイン
とぎれることなく連続でダメージをあたえることをチェインと呼ぶ。ダメージを倍増させるチェインは、ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスターのATBならではのテクニックである。パーテぃ全体でタイミングを合わせて攻撃を仕掛ければ、さら破壊力は倍増する。バトルでは積極的にチェインを使うようにしたい。

 

クイックトリガー

ガンナーが持つ特殊な攻撃アビリティがクイックトリガーである。通常の攻撃とは異なり、一定時間にR1ボタンを連打し、攻撃を加えるというものである。2挺拳銃を撃ちまくったり、チェインの連続で一気に敵を葬り去るなどという、見た目も派手な攻撃である。

 

タイミング

敵が攻撃を仕掛けようとしてくるタイミングに合わせ、攻撃するとちょうど敵の攻撃の機先を制する形でこちらの攻撃がヒットすることがある。これがファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスターのカウンター攻撃である。相手が攻撃モーションに入っていても、攻撃が当たるまえにこちらの攻撃を仕掛ければ、相手の攻撃を受けることなく大きなダメージを逆に与えることができる。ATBはタイミングが命の攻撃方法であるが、同じように敵からのカウンター攻撃を受けてしまう可能性もゼロではない。準備時間の長い攻撃を仕掛ける場合にカウンターを喰らいやすいので注意したい。


3DSのゲーム攻略情報 PS3のゲーム攻略情報 Wii Uのゲーム攻略情報 PSVitaのゲーム攻略情報 PS4のゲーム攻略情報