ゲームバックリンカー│PS3、Wii U、iPhone、Android、PS4、3DSのゲーム攻略情報

ウイニングイレブン2014のディフェンス攻略

ゲーム攻略・プレイステーション3

 

基本的に、ウイイレ2014のディフェンスは、□ボタンを2回押し、その2回目を押したままにしておくと、見方のディフェンダーが2人、3人と相手選手を囲むように動くが、この動きに自分が操作する選手まで加わってしまうと、ぽっかりと大きなスペースができてしまう。

 

この大きなスペースがあると、ドリブルで突破されたときに、さらに先へ進まれてしまう可能性が高い。

 

また、ウイニングイレブン2014では、フライスルーパスが強いので、スペースにフライスルーパスを出された時には、目も当てられない。

 

そこで、直接、相手選手にプレスをかけるのは、COMに任せ、自分が操作する選手は、パスコースを塞いだり、万が一ドリブル突破されたときの抑えとしてディフェンスの仕事をすることが重要である。

 

ウイイレ2014のディフェンスのカーソル

ウイニングイレブン2014のディフェンスの際には、[L1]でカーソルチェンジをして操作する選手を選択したり、[L1]+右スティックによって、チームメイトスイッチすることになっている。

 

ただし、ウイイレ2014のディフェンスの基礎は、操作するディフェンダーをセンターポジションいる選手にすること、つまりカーソルをセンターにいる選手にセットして操作することである。

 

自分がサイドの選手にカーソルを合わせて操作するのではなく、サイドのディフェンスはCOMに任せるということになる。

 

カウンターになってしまったときや、速攻を仕掛けられたときなど、大急ぎでカーソルを移動し、操作する選手をセンターのディフェンダーに合わせたいときには、ウイイレ2014では、[L1]を2回することによって、ボールに最も近い選手にカーソルが合うようになっている。

 

ウイイレ2014のCOMと連係をとったデイフェンス

ウイニングイレブン2014の試合中にディフェンスを行っていて、自分が操作する選手が最後の砦となった場合、□ボタンを押しつつ、[R2]を押しっぱなしにして、相手選手に合わせながら守るようにするとよい。

 

×ボタンでプレスを仕掛ける際にも[R2]を押しっぱなしにしたままで、相手選手のシュートコース、パスコース、ドリブルの方向を封じるようにディフェンスすることを心掛けたい。

 

□ボタンを2回押して、2回目は□ボタンをそのまま押し続けると、2人から3人の選手が相手を囲むようにプレスするので、自分が操作してる選手は味方のフォローもしくは相手のパスコースに配置してディフェンスをする。今作は味方COMのディフェンスが優秀なためプレスをかけても簡単に抜かれる事が少ないため、この方法がより有効になっている。

 

ウイイレ2014のドリブルに対するディフェンス

ドリブルで突破しようとする敵に対して効果的なディフェンス方法とは何か。
特に自軍ペナルティエリア内で細かく動いてくるドリブルに対しては対処方法を知らないと突破を許してしまう。

 

もちろん、そういった状況にならないようにDFラインをコントロールし、オフサイドトラップを有効に活用すべきではあるが、それでもデイフェンスラインを抜け出されてしまうこともある。

 

この場合、ドリブラーに対して、

  1. ディフェンダーが接触する瞬間に、ウイイレ2014から導入された右スティックによるショルダーチャージを行う。
  2.  

  3. ドリブルの進行方向をディフェンダーで塞ぐ。このとき、シュートは利き足で打った方が決定率が高くなるので、ドリブラーも効き足でシュートが打ちやすいように進行方向を決める確率が高いことを意識してディフェンスしたい。
  4.  

  5. 結局は、ドリブルさせないことが目的ではなく、得点を決めさせない、シュートを打たせないことがディフェンスの本当の目標である。シュートコースを塞ぐことも重要である。
  6.  

  7. [R1]+[×ボタン]のディフェンスのみでは、ドリブルによる突破を止めることはできない。[R2]+[×ボタン]でドリブルのコースやシュートコースに立ちふさがるようなディフェンスを心掛けたい。

 

ウイニングイレブン2014のチームディフェンス

□ボタンをつかって、味方のCOMを動かし、自らは最後の砦となるウイイレ2014のディフェンスの解説動画


3DSのゲーム攻略情報 PS3のゲーム攻略情報 Wii Uのゲーム攻略情報 PSVitaのゲーム攻略情報 PS4のゲーム攻略情報