ゲームバックリンカー│PS3、Wii U、iPhone、Android、PS4、3DSのゲーム攻略情報

ウイニングイレブン2014でのボールキーフ゜

ゲーム攻略・プレイステーション3

 

ウイニングイレブン2014でのボールキーフ゜のコツ

ウイニングイレブン2014に限らず、あらゆるサッカーゲームでは、実際のサッカーの試合とまったく同様にボールをキープしている時間が長ければ長いほど攻撃のチャンスが増え、失点の危険性も少なくなる。
攻撃時、ボールをキープするために重要なことは、リスクの少ないドリブルとフリーの味方へのパス回し。
ドリブル時は、プレスをかけられたら相手に背を向けたり、ダッシュで強引な中央突破を狙わないなどを意識したい。
ウイニングイレブン2014ではパスを出すときは、画面に映っている選手だけでなく、画面下部に表示されるレーダーをチェックし、マークされていない選手を探してパスを出すようにしたい。
ディフェンスの際は、積極的にブレスを仕掛け、ボールを奪い返す機会を増やしていきたい。

 

ウイイレ2014対戦動画・ドリブルテクニックが見どころ

 

レーダーの活用

ウイニングイレブン2014にはビッチ全体の選手の位置を常に表示するフォーメーションレーダーが画面には表示されている。試合中は常にこのフォーメーションレーダーをチェックするクセをつければ、フリーの選手や空いているスペースが把握できる。サイドチェンジやロングパスなどをうまく使えば、カウンターで一気に相手陣内に攻め込むことも可能。

 

ダッシュを使うタイミング

力強い走りで相手選手を置き去りにできるダッシュではあるが、ドリブル時などはボールを大きく蹴りだすぶん、相手にボールを奪われやすくなってしまう。前方に十分なスペースがあるときや、スルーパスを受けてフリーの状況になったとき以外は、ダッシュを使用するのは控えておきたい。

 

ハイボールの競り合い

ウイニングイレブン2014ではゴールキックやクリアボールなどを空中で競り合う際、何もボタンを押さなければ簡単にボールが相手に渡ってしまう。ハイボールではタイミングよくボタンを押して、マイボールにできる可能性を少しでも上げるようにしたい。

 

特にゴールキックの際は、カーソルをボールの落下地点付近の選手に素早く切り替え、敵ゴールの方向へ移動するようにしているとヘディングでの競り合いにも勝ちやすくなる。味方方向にヘディングパスを出せるようになればさらに攻撃チャンスを拡大できる。

 

強弱をつけてボタンを押す

本作ウイニングイレブン2014では、ボタンを押した長さによってキックの強さがバーで表示されるようになっている。
バーが伸びたほうが強いキックとなるが、力みすぎて空中に打ち上げてしまうこともある。シュートするときは、バーの中間程度に力を抑え、むしろコントロール重視にした方が決定率は高まる。とくにペナルティエリア内では、強すぎるキックを蹴らないほうがゴールになりやすい。軽くボタンを押すくらいの感覚が最適化もしれない。
ゴールキックではバーの最大値までボタンを押すなどの強弱をつけるとよい。

ウイニングイレブン2014でのオフェンスのコツ

ゲーム攻略・プレイステーション3

 

ウイニングイレブン2014でのオフェンス時のポイント

ウイニングイレブン2014のオフェンスで非常に有効な戦術は、ボールを奪取したあと、相手ディフェンスが戻ってきてしまう前に素早くゴールヘと突き進むカウンターである。

 

このとき、急ぎすぎるあまリダッシュやスルーパスを多用してしまうものだが、フォワードの1列後ろにいる選手にボールを預け、相手を引きつけてからスルーパスを出すなど、オフサイドにならない程度に味方と相手キーパーが1対1の状況を作り出すようにしたい。

 

なお、ウイニングイレブン2014においては、キーパーと1対1の場面では、少し角度をつけたシュートを打ったほうがゴールにつながりやすい。前作よりもゴールキーパーの動きがよくなっているが、ゴールキーパーも重心を崩されるような動きには弱いので、つねにゴールキーパーの逆を突くように少し角度をつけてシュートを放つようにしたい。

 

中央から攻める場合

中央でボールをキープし、前線の選手の動き出しに合わせてスルーパスを出す。このとき、スルーパスの「狙い」は味方の足もとではなく、前方に空いたスペースに向かってパスを通すイメージで出すようにしたい。

 

サイドから攻める場合

サイドの選手は前方のスペースを自由に使いやすい。中央からの攻撃と同じように、相手を引き付けてから走り込んだ味方の前方へとパスを出すとよい。

ウイニングイレブン2014でのディフェンスのコツ

ゲーム攻略・プレイステーション3

 

ウイニングイレブン2014でのディフェンス時のポイント

ウイニングイレブン2014のディフエンス時は、相手に最終ラインを突破されないことを第一に考える。フリーで抜けられてしまうと、プレイヤーの選択肢は、キーパーを飛び出させるか否かだけになってしまい、相手のゴールの確率を高める結果となる。

 

もしカウンターを受けてしまったのであれば、ディフェンス陣はむやみに飛び込まずに待ち構え、味方が戻るのを待つようにする。×ボタンを押しながらディフェンスの選手を操作すれば、ボールをキープしている選手から一定の距離を保ちつつ守ってくれる。

 

なお、ペナルティエリア付近で混戦になつたら、慣れないうちはパスでつながす、素直にクリアするのが安全。

 

プレスをかける際のポイント

ウイニングイレブン2014に慣れていない初心者から中級者くらいの腕前であれば、自らディフェンスしている選手にプレスをかけさせるよりも、COMにプレスを仕掛けさせたほうがボールを奪取しやすい。プレイヤーが操作する選手にはパスコースを防ぐような動きをさせたい。
その際も画面に表示されているレーダーで敵の動きを確認するとよい。

 

スライディングはできるだけ控える

スライディングは失敗したときにリカバリーが遅れるだけでなく、ファウルもとられやすい。ここを抜かれてしまったら失点するいう決定的な場面以外はスライディングを控えるようにしたい。


3DSのゲーム攻略情報 PS3のゲーム攻略情報 Wii Uのゲーム攻略情報 PSVitaのゲーム攻略情報 PS4のゲーム攻略情報