ゲームバックリンカー│PS3、Wii U、iPhone、Android、PS4、3DSのゲーム攻略情報

ドラゴンクエスト7(3DS)の発売日前情報

3DS版「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」の発売日前情報について

 

2013年2月7日に初めてのリメイクとして発売となる「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」。
オリジナル版からの変更点や3DS版ならではの注目のポイントを確認したい。

DQ7(3DS版)の石版

3DS版「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」では、世界の大部分がある理由によって、封印されてしまっている。
世界中にちらばる石版のかけらを集めて台座に置くことによって、その封印を解除し、新たな世界へいくことができるようになる。

 

石版案内人によるヒント

世界へ旅立つための拠点となる「復活の間」の管理人は、石版のありかを教えてくれる石版管理人でもある。

 

すれちがい石版も入手可能

3DS版「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」に登場するモンスターパークの中には、洞窟がある。この洞窟は、モンスターパーク内で暮らしているモンスターたちから3匹を選んでパーティを編成し、探索できるようになっている。
探索するとモンスターたちがすれちがい石版を持って帰ってくる。
入手したすれちがい石版は、3DS版ドラゴンクエスト7のストーリーの中で手に入れることができる石版とは異なり、石版の名前も行先もプレイヤーによってさまざまに変化する。
そして、すれちがい通信によって、他のプレイヤーと石版を交換することもできるようになっている。

 

すれちがい石版とモンスターのパーティ

モンスターパークにいるモンスターの中から3体を選んでパーティを編成するとき、1体をリーダーに、残りの2体をサポートメンバーにする。
入手できるすれちがい石版は、このパーティのメンバー構成によって変化するので、できるだけ多くの組み合わせで洞窟内の探索を行うようにしたい。

 

ドラクエ7(3DS)のすれちがい石版で新たな世界へ

ドラゴンクエスト7(3DS)のモンスターパークやすれちがい通信によって手に入れた「すれちがい石版」を「移民の町」にある台座にセットすると、復活の間から行くことができる世界とは異なる、誰も見たことがない新しい世界へ旅立つことができる。行先は、すれちがい石版の種類によって、ダンジョンだけではなく、新たな町へいくことができるものも存在する。
ドラゴンクエスト7(3DS)のすれちがい石版には、「よくあるトゲトゲした洞くつ」のような独特の名前がついている。このすれちがい石版を移民の町にある台座にセットすればよい。
DQ7のすれちがい石版で行くことができるダンジョンには、通常の冒険では出会うことができないモンスターなども登場する。

 

DQ7(3DS版)の移民の町

ドラゴンクエスト7の世界のどこかには、移民たちが集まる町がある。冒険の途中で新天地を求めているキャラクターと出会ったら、移民の町を紹介してあげるとよい。
このドラクエ7の移民の町は、はじめこそ何も無いようなさびしい土地ではあるが、住民が増えていくにしたがって、町はどんどんにぎやかになっていく。
なお、新天地を求めているキャラクターの正体は人間に姿を変えたモンスター。特別な力をもったモンスターを集めることによって福引やカジノといった施設が立つこともある。福引は、「モンスタースタンプ」と呼ばれるアイテムを集めて、福引所に持っていくと、福引をすることができる。

 

移民の町とインターネット通信

ドラゴンクエスト7(3DS)の移民の町に酒場ができると、そこで、インターネット通信ができるようになる。「すれちがい石版」や移民の町に住むキャラクターはここでインターネットを通じて交換することができる。
つまり、「すれちがい石版」という名前ではあるが、すれちがい通信だけではなく、インターネット通信でも交換できるようになっている。

 

 


3DSのゲーム攻略情報 PS3のゲーム攻略情報 Wii Uのゲーム攻略情報 PSVitaのゲーム攻略情報 PS4のゲーム攻略情報